私がベトナム株をやらない理由

2019年2月21日

ベトナム株は本当に将来有望なのか?

「ベトナム株は将来有望」って話題は、株投資をしたことがある人なら聞いたことがあると思います。

私はベトナム在住ですし元々株式投資から始めた人なので、もちろんベトナム株に興味を持っています。

ベトナム株は、本当に将来有望なのか?ということが気になり、2019年2月執筆時点で長期間のVNインデックスの値動きを確認してみました。

vnindex

チャート出典 Tradingview

2018年4月の最高値から現在(2019年2月)まで下落基調ですが、2017年11月以前からベトナム株を始めている人は、今のところ平均的に利益が出ていると捉えられます。

このままVNインデックスが上昇するか下落が続くのかについては、当たり前ですが政策金利などのマクロ経済の他に平均給与の伸び率や家庭内消費などのミクロ経済の動向も関係してきます。

チャートだけで判断するならば、2018年4月の最高値以降は高値と安値を切り下げて値動きしているので下落が続くものと考えられますが、長期的に見た場合ベトナムのGDPは今後も右肩上がりが予想されているので、株価も上がるのでは?と粗方予測することも可能です。(日本以外の国では、GDPと株価指数は平均0.8前後の正相関があります)

更に、過去5年間のデータによればVNインデックスは、リターン14.27%・リスク16.75%、シャープレシオ0.822となり、投資対象としてはアリと判断することもできます。

vietnam-gdp

データ出典元 世界経済のネタ帳

なぜ私はベトナム株をやらないのか

私がベトナム株をやらないというより「やれない」の言い方が適切かもしれません。

前述したベトナム株の背景を踏まえると、次回の政策金利で利下げが行われたタイミングで仕掛けたい気持ちになりますが、私の場合は自分の投資スタイルに合わないことや自分自身納得いくまで理解できないと基本やらないようにしています。

ベトナム事情や上場企業について詳しい方は、長期的に投資を考えても良さそうですが、私自身はベトナムに2010年から居住していても他人に誇れるような国内事情通ではありませんし、ベトナムの各上場企業についても詳しくはありません。

自分の投資スタイルに合わない

私の投資スタイルは、投資対象を調査しリスクの割合やリターンの割合をきちんと理解した上で投資するようにしていますし、日本在住の時にやっていた株投資については企業情報を理解した上でイナゴトレードを元に板情報から心理的な箇所を読み取るデイトレスタイルです。私にはこのスタイルが一番合っており効率よく資産を増やすことができた手段です。

短期的なデイトレではなく株の長期投資も試したことがあるのですが、資金効率が悪く配当狙いで買っても値下がりしてトータル損失という事が多かったので、長期投資は私のスタイルに合わないと思い止めてしまいました。

ベトナム株取引環境にデメリットを感じる

その他、ベトナム株はまだまだ全体的な売買高が少なく、銘柄によっては買ったのはいいけど希望の価格で売れないなんてことになりかねません。日本株のような板情報が証券会社から配信されていないのも私にとっては問題です。

過去にベトナム現地の上場企業の役員の方と知り合う機会もあったのですが、表にでないだけでどの企業も粉飾決算が日常茶飯事で決算書をどこまで信頼して良いのかもわからないレベルです。

ベトナム株をやらない・やれない理由

  • 自分の投資スタイルに合わない
  • ベトナム事情に詳しくない
  • ベトナム上場企業に詳しくない
  • 各企業の情報を調べるのが手間(複数サイトからベトナム語で調べる必要がある)
  • 日本のような板情報が見れない
  • 売買高が少ない
  • 決算書の信頼レベルが低い
  • 取引画面が見づらい
  • 信用取引ができない

これらの複数の理由から私はベトナム株を取引していません。

この理由は私に限ったことで「みなさん!ベトナム株は取引しづらいから気をつけた方がいいよ!」と言っているわけではありません。人によっては長期投資が向いている方もいますし、一時的な乱高下は気にせず長期的に株を保有するような人は逆にベトナム株は良いかと思います。

私は、長期投資でも決算書の信頼レベルがどのくらいあるのか不安だし、粉飾決算が隠しきれず一気に悪材料がでてしまった悪い想定も考えてしまう人なので手を出せないということです。

ただし、VN INDEXのリターン14.27%・リスク16.75%、シャープレシオ0.822は投資商品としてありかと判断できるので、売買高が多い逆相関銘柄を見つけたら裁定取引でやってみるかもしれません。

まずは政策金利の動向をチェックしてみようと思います。